内臓脂肪を減少させる効果のある薬はある?

内臓脂肪を薬を飲んで減らすという方法において効果的なのは防風通聖散という漢方薬です。
たいへん有名であり、既に多くのメーカーから独自の商品名をつけられて、実際にドラッグストアで販売もされています。
防風通聖散の効果は、内臓脂肪を燃焼させて体脂肪率を下げることができるというものです。
そのために手軽なダイエット方法として取り入れている人も多い漢方薬です。
ドラッグストアで処方箋無しで買える製品は、有効成分の上限が決められておりますので、より大きな効果を期待したいのであれば病院で防風通聖散を処方してもらうという方法があります。
その場合には医師に痩せるために処方して欲しいと伝えても、実際に処方されるかどうかは難しいところです。
便秘の解消のためという理由などで処方されることがあります。
また漢方薬の取り扱いを積極的に行っている医院のほうが良いでしょう。
内臓脂肪は蓄積されるとさまざまな生活習慣病の原因となります。
防風通聖散を服用するだけでなく、有酸素運動も取り入れることによって、より内臓脂肪を効果的に減少させることが可能となります。
毎日の生活の中に、少しでも運動をする時間をとることが重要です。

01

内臓脂肪を減らすための薬に副作用はあるの?

健康診断などでメタボリックシンドロームかどうかを検査されるようになりました。
メタボリックシンドロームは内臓脂肪症候群と言われ、内臓脂肪の蓄積が疑われる人のことを言います。
メタボリックシンドロームの人は、動脈硬化になるおそれが高く、重大な疾患の原因になるリスクがあります。
もし肥満の程度が異常であると判断された場合は医師による治療を必要とします。
基本的には生活習慣の改善を行うようにプログラムが組まれます。
それだけでは食事制限が徹底されないと判断された場合には薬による治療も行われます。
薬には副作用があります。
その副作用を考慮しても必要な場合にのみ処方されます。
一般購入できるサプリメントは医薬品ではありません。
特定の成分による内臓脂肪への効果を期待できるとして販売されているものです。
そのため保険が適用される治療では使われません。
内臓脂肪を減らす効果を承認された薬というよりも、日本で保険が適用されるのは、食事制限を促す薬です。
脳の神経に働きかけて、強制的に食欲をブロックします。
副作用としては、神経過敏や動悸などが確認されています。
肥満のため運動ができない、精神的に食事の制限を守れないなどの状況を判断して処方されます。

02

医者から内臓脂肪を減らす薬はもらえる?

検診でメタボリックシンドロームを確認されるようになりました。
それだけ肥満が健康に与える影響が大きいということです。
メタボリックシンドロームは内臓器官に脂肪が付着する状態です。
内臓脂肪がたまると動脈硬化のリスクが高くなり、心筋梗塞や脳梗塞などの病気の原因になると言われています。
重大な病気の元となるため、予防措置としてメタボリックシンドロームの人に生活習慣指導を行うようになりました。
検診の結果、高度肥満だった場合には医者の判断により保険適用での治療が受けられます。
その時に使われる薬がマジンドールです。
日本では肥満症に使える薬で承認されているのはこれがあります。
この薬は内臓脂肪に直接効くわけではなく、脳の神経に作用して食欲をブロックします。
強制的に摂食させることで、肥満を解消するというものです。
神経過敏など副作用もあるため医者が診察して適用を判断します。
ただし、すぐに耐性ができるため長期での服用には向きません。
他の方法と組み合わせて効果的に服用する必要があります。
医者の指示に従って、薬と生活習慣改善プログラムと併せて行われます。
ダイエットだけではなく病気の発症を未然に防ぐためのものです。

03

内臓脂肪を減らすための薬は処方されるの?

内臓脂肪を減らしたいと思った時に効果が期待できるサプリメントは多く販売されています。
毎日飲むだけで内臓脂肪を減らす効果があります。
運動するよりも、食事制限するよりも簡単だし、気軽に始められます。
これらのサプリメントは、医療機関でもらう薬とは違うものです。
医療機関で医師が診断した結果、薬を出してもらうことを処方と言います。
処方ができるのは、厚生労働省がその有効性や安全性を承認したものだけです。
処方されると保険が適用されるので、個人の負担は少なくて済みます。
現時点で内臓脂肪を減らすことができる薬は承認されていないとのことです。
内臓脂肪がたまることは体の機能として自然であるため病気と考えられていないようです。
健康診断でメタボリックシンドロームの検診をするようになったから立派な病気じゃないかと思われるかもしれません。
メタボリックシンドロームが病気というわけではなく、病気につながるおそれがあるため注意を促すために行われているものです。
サプリメント自体は、成分の働きが内臓脂肪を減らす効果が期待できるとして確認されたものです。
薬ではありませんが、続けていればその効果を体感できるはずです。
自分にあったものを見つけて、継続することが大切です。

04

薬局で購入できる?

薬局では処方箋が必要な薬とそうでない薬がありますが、内臓脂肪に効く薬は処方箋なしで買える通常の製品が多くあります。
有名なのは漢方の「防風通聖散」です。
多くのメーカーが独自の商品を開発して販売していますが、配合されている成分は基本的に同様で、含有量の違いや錠剤の大きさ、飲みやすいコーティングがされているかどうかなどの違いがあります。
防風通聖散は内臓脂肪の減少にたいへん効果的ですので、メタボリックシンドロームに悩む中高年の男性に大きなブームを巻き起こしたこともあります。
現在もドラッグストアで売れ筋の商品の一つとして、陳列棚に多くの製品が並べられており、その光景を見たことのある方も多いでしょう。
一般的な薬局でも取り扱っていますが、より含有量の多い処方薬も存在します。
それは医師の処方箋がないと入手することができないのですが、一般の製品よりもさらに高い効果が期待できます。
病院で診察を受けた場合には便秘の解消で防風通聖散を処方してほしい旨を告げることで、薬局で買える処方箋を出してもらえるケースがあります。
ここで注意したいのは、ダイエットや内臓脂肪の減少が主目的である場合には処方してもらえない場合もあります。
事前に医師と確認しておくことをおすすめします。

05

おすすめサイトを掲載!

内臓脂肪の薬についての話をここではずっとやっていきました。
漢方薬として有名な防風通聖散。生漢煎という漢方薬が存在しているのですが、これが役立つ可能性があります。
生漢煎に焦点を合わせて解説しているウェブサイトを1つ載せておきます。
参考サイト:生漢煎の効果
生漢煎は痩せる漢方として人気がありますが、実際に口コミでも高い評価を得ています。
あの宮根誠司さんも肉体改造の際に、生漢煎に含まれる防風通聖散を使用して綺麗な体のラインになった事でも知られているくらい効果的です。
使った方の口コミでは、防風通聖散を含む漢方なら、「今まで何をやっても失敗したが使って短い時間で確実に痩せている」とか「2か月で-4キロ」とか「ウエストが-8センチ」などという口コミが、男女問わずに良い結果として出ていますね。